アイマグブログ― らいおん動物病院 らいおん先生

imag055.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

年末ですね

気がついたらもう今年も残り二日です。水曜から午後の診察が2時から5時になってますが2時からはあまりこないかなーーと思っていたのですが有り難いことに少しは来ております。皆さんホームページで確認してくれているのですね。有り難い話です。

この時期にイヤなのはお正月に絡みそうな病気・・昨日は消化管内腫瘤のフェレットちゃん退院、今日は消化管異物のビーグル退院。元気に帰っていきました。正月まで絡ませてたまるかいって感じでやってました。

尿道閉塞の猫ちゃんはこの時期の風物詩、消化管はどうしてかこの時期呼んでくる・・・・。この2年ぐらいは年始にかぶる尿道閉塞の猫ちゃんがきていたのですが・・・・噂をすればです。

当院は明日までなのでオシッコだけだして明日は他院で診てもらうよう指示しました。飼い主目線でやっぱ心配だよね・・ってやってる病院探しておいたのですが申し訳ない気持ちいっぱいなんだけど。

今回のは詰まってすぐっぽかったので数日で治りそうなので元旦ぐらいまで診ればいいかなーなんて思ったんだけど。こればっかりはわかんないから明日からしっかり続けてみてもらう病院で診てもらおうと飼い主さんに詫びを入れたのでした。

噂をすれば何故かやってくる病気。動物病院あるあるでした。
[PR]
by imag0550 | 2016-12-30 18:02 | 病院関係 | Comments(0)

やっちゃった(追加)

昨日のブログ投稿をフェイスブックにアップしたら友人の獣医さんから厳しいご指摘がありました。

年齢で循環器を除外するのはどうかと・・・その通り。勿論、全く見てない状態でそこを除外するつもりはないですが可能性は少ないかなと。昨日の電話では除外してしまったようなものですね。反省!

夜間当番での電話だけの対応の場合、急変の可能性はありますとしっかり伝えないといけないかなあ。やんわりとはつたえるのですがあまり強くは伝えてない。あえて。

それは飼い主さんは遠くて行けないけど安心したいのですね。聞いた感じは大丈夫そうなときはあります。

ただ飼い主目線で大丈夫でもそうじゃないときも時にあります。

昨日の診察でもフラフラするんですと来院されたのですが、飼い主さんは眼球の左右のフリフリ(眼振といいますが)には気づかれていなかった。ダックスだったので椎間板ヘルニアを疑っている感じでしたが違う病気。

やっぱり飼い主さんはわかりやすいところに視点がいきがちですよね。それはそれで我々獣医師にもいえることなんですがね。問診重要ですがそれだけでは判断できない。私は小動物の診察って人の小児科の診察に似ているなと思っています。ここからは少しマニアックになるので興味のない方はまた次回のブログで。

娘を小児科に連れて行っていた時に常に感じていました。そこからの学びも多い。びっくりしたのは娘が幼稚園児だったときの嘔吐下痢。自家中毒という病名。病態としては嘔吐下痢を繰り返すことで代謝の早い子供の場合は糖質の代謝から脂質の代謝に変わり最終的にはケトン尿が出るようになり、悪いスパイラルに入るってこと。

娘の調子がよくなるとケトンが消えていたことを確認したのを思い出します。子犬でも嘔吐を繰り返す子がいて同じような病態ではと思い、たまたま尿をしたので調べたらやっぱりケトン尿がありました。

やっぱり糖分の入った輸液が必要なのね。早い段階で食べさせなくてはと改めて感じたのでした。基本動物も人も同じなんですよね。面白いでしょ!休診日に何やってんだか。

私の風邪もようやく治癒に向かい、うつったと思われる娘も今は風邪というより消化器症状それも私の「愛のポトフ」で改善傾向。今晩あたりに風邪の症状がでなきゃいいけどなあ。私は山関係のおっさんと飲み会。娘をほっといて・・・だからお詫びのポトフだったのでした。
[PR]
by imag0550 | 2016-12-13 15:17 | 病院関係 | Comments(0)

やっちゃた

夜間診療当番での出来事

今日は珍しく電話だけの日。終わりの22:57電話が掛かる。正直とるかどうか迷ったけど電話で対応出来るものと信じて出た。

患者さんは三歳のワンちゃん、20時ぐらいから咳が酷くなってるとのこと。正直なんで22時半ぐらいまでに電話しなかったと思ってしまった。咳に関わる病歴はない。高齢で出る循環器系でもなさそう。

グッタリしてる訳でもない。娘が私の風邪をもらって寝込んでいるのも気になるし。

緊急性はそんなに高いものではないと思うが正直診察しないとわからないけど緊急性の高い循環器系ではなさそうね。って電話を切ってしまった。

獣医さんも感情の生き物。私自身の風邪も早く治したいーー。あとになって良かったのかなーと悩む。そんなに考えるなら診察しとけば〜いやいやそれやったら帰るの午前様だし。後悔はない。

獣医師は緊急性がないと判断しても患者さんは緊急性があると感じたから電話したんだろう。診察は出来なくても少しでも不安を軽減する努力はしただろうかと。


でもわかってー獣医さんにも次の日があっていろいろ事情もあるって事。これが仕事だからね。情熱大陸にはでれないねーー。
[PR]
by imag0550 | 2016-12-13 00:49 | 病院関係 | Comments(0)

12月時間変更のお知らせ

12月28日(水)〜31日(土)までの診察時間を午前を9時から12時まで午後を14時から17時までとさせていただきます。よって12月休診日は23日(祝日)及び火曜日になります。ホテルは通常通りさせてもらっています。なお年明けは1月4日から通常通りです。
[PR]
by imag0550 | 2016-12-02 20:08 | Comments(0)

昨日の愛媛新聞朝刊

昨日の新聞は濃厚でした。ショッキングな事件ばかり、高病原性鳥インフルエンザやコロンビア飛行機落下等々インフルエンザはこれから寒くなりますから被害が広がる可能性がありますね。ただただ祈るだけです。

また高病原性鳥インフルエンザについてはまたブロぐると思いますがとりあえず人にはうつりませんので冷静に対応しましょう。今は青森、新潟ですからその近隣の県の対応は県家畜保健衛生所等から連絡があるかと思います。

中四国は一羽二羽鳥が死んだからって右往左往する必要はないですからね。大量に死んだら必ず連絡せねばならないですが。

さて、今回はアライグマの記事。3年前四国中央市で繁殖してるかもって話を聞き、ブログりました。こちら

昔のブログで文字がキツキツで読みにくいかとは思いますがご容赦!

昨日の朝刊では四国中央市で9個罠を仕掛けて3匹のアライグマを捕獲したとのこと。かなりおるんやん。関東関西や四国でも香川徳島では多いとは聞いていたけど愛媛はまだまだと思っていたのに・・・

d0178999_15543126.png


松山でも捕獲されたってね。アライグマは恐ろしい繁殖力を持ってます。見た目は可愛いですが外来種が増えることで日本のタヌキやキツネには影響ないかなーーちょっと心配です。

早めの駆除が大事です。昔のブログですがアライグマの痕跡しっかり覚えて欲しいなあ。
[PR]
by imag0550 | 2016-12-01 15:58 | 新聞記事 | Comments(0)
line

らいおん動物病院らいおん先生

愛媛県生まれ愛媛育ち、大学は北海道の酪農学園大学(有名人は、田中義剛ぐらいか)愛媛県で公務員を2年、大阪・高知で勤務医を2年ずつさせて頂いて開業にいたりました。好きな事は、お酒(最近よくおぼれます)・登山・パソコンいじり・旅行(最近いけてないけど)


by imag0550
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31