人気ブログランキング | 話題のタグを見る

コロナウィルス感染症 私見

コロナウィルス感染症は長引くんですかねー。イヤイヤいい加減収まってくれないと経済的に大変なことになります。自然災害とは違い感染症って世界中で起きてかなりパニックになることが分かりました。先が見えないのがなにより辛い。

さて、ここから私の私見の始まりです。この時期ある程度医療知識のある人間がこういう誰の目にもはいることのできるブログという媒体で発信することにはかなりのリスクを持ってることは承知で発信してます。でもあくまで私の意見ですからね。

緊急事態が解除するまで経済はずっと萎縮していくことは確かみたい。どのように解除されるのかそのパターンをずっと考えてました。この感染症は全ての人が重症化して亡くなる病気ではないこと、潜伏期間が長く、いつウィルス排泄があるのかまだはっきり分かってないことが攻め方の分からないウィルスになってます。
まだインフルエンザなら調べ尽くされ感染して1週間までには発症し、発症する2,3日前にウィルス排泄、解熱2、3日でウィルス排泄は劇的に減る。
ウィルスのことが分からないことがなにより対策を遅らせてる。特に長い潜伏期間が厄介なんですよね。

旧型のコロナウィルス感染症は毎年発生してるわけでいわゆる風邪といわれるものですよね。今回のような新しいタイプは今後も発生するだろうし、もっと病原性の強い病気も入ってくるでしょう。その勉強だと思えば・・間違いなく炎上ですね。

薄々感じてるとは思うのですが感染者として上がってる人の何倍もの人が感染していることは想像出来ます。だって8割の人は軽症ですから。日本は海外と比べると極端にPCR法によるウィルス抗原検査が少ないといわれてます。検査には色々あって抗原検査(間違いなく今ウィルスがいる)と抗体検査があります。抗体検査は過去感染したことが分かる検査で今持っているのかはわかりません。ただその時元気なら今後その人はそこまで重症化することは少ないといわれてます。

コロナウィルス感染症 私見_d0178999_18154368.png
勝手に盗んだ絵です。あとでここから頂いたよってリンクは張りますが。感染症ってどんなものも同じように進んでいきます。始めにウィルス抗原が入り免疫応答が起きてIgM抗体が出てきてそれが減少するぐらいにIgG抗体が出てきます。PCRは抗原を検査するものでこの抗体を見るのではなく,身体の中にいるかどうかを診る検査。

抗体検査は感染した事実を知る検査です。今はPCRっていう抗原検査中心に行ってます。もうしばらくしたら速やかに安く検査出来る抗体検査キットが出るといわれてます。よくインフルエンザでやるような検査キットです。インフルエンザのキットが抗原検査なのか抗体検査なのかは知らないのですが。

抗体検査で陽性になったら感染したことはわかり再び感染しても重症化することは少ないことが分かるわけです。これって実は凄く大きいです。クラスター感染ってよく効きますが症状の出ない若い人が無症状で感染を広げるみたいな話。症状が出て陽性になってるってことはそれ以上の感染してない方が何倍もいるということ。これは完全には封じ込めないということで感染ピークをいかに抑えるか、病院がパニックにならずうまく回ることを狙ったことであることは感じます。

ここで私の考える非常事態宣言の解除はある程度効果のある治療薬(インフルエンザ薬のような)が出て、ある一定の人の感染割合が分かれば解除出来るのではないかと。今では感染者イコール排除、隔離なので感染者であることはかなりリスクのがあります。

ある程度のコロナの発症が収まってきた段階で無作為の抗体検査をして問題なければ各自治体で動けるようにするってのが現実的かなあと思ってるところです。1ヶ月ぐらいで出来るんじゃないかなー。気温が高い地域でも感染者が増えているようなので夏になれば収まっていくでしょう的な安易な事はいえそうにないです。1ヶ月前はそのように書いていたような気がしますが。ちなみに参考にしたのはこれ
思っていたことをそのまま書いてしまいました。批判が出たらサクッと消すかも知れません。今は自らが感染しないという努力を精一杯することがこの有事を乗り越えることに繫がるんだろうと思います。それでも時々マスクをし忘れてることはあるのですが。

自粛ムードが少しでも下がれば街に飲みに行こうと企ててるらいおんでした。

by imag0550 | 2020-04-07 19:13 | その他 | Comments(0)

らいおん動物病院らいおん先生

by imag0550
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31