人気ブログランキング | 話題のタグを見る

私のトリアージ(有症者の緊急度に応じて、搬送や治療の優先順位)の認識が全くなかったことを露呈してしまいました。はっきりと方針は決まってるみたいです

・要するに、スタッフが濃厚接触者と接触があった場合、14日間自宅待機とすることにします。根拠は上のリンク

スタッフが感染者となった場合、14日間休診とすることにします。

・その時の内服、フードについては違うスタッフが対応します(もしかしたら他院にお願いするかも)

・その時のお知らせ方法はライン、Email、ホームページに明記する


ウィルス排泄については解熱後3日程度で排泄が少なくなるようです。有症患者さんについてはその後何日かたって検査が必要のようですが。
無症状患者さんについても指標がありました。

ただ普通の風邪で発熱がある場合、どうしたらいいのか。当院としては、スタッフを3日間自宅待機させ、仕事復帰はするものの適当な対応をしながら、2週間は私も含めて症状が出ないか常にお互いチェックすること

いつどのような形でどなたでも感染するかもしれません。おそれず、知識をしっかり持つこと。知るワクチンがとても大事です。
この対応は新型コロナウイルス過度に恐れている訳ではありません。インフルエンザと同様で少し致死率は高いですがそこまで恐れる病気ではないと私は思ってます。もっと怖いウィルスは今後発生するでしょうし、その練習と思えば頑張れると思います。ただ、飲食サービス業の方は応援したくてはなりません。大事なお店は自ら守っていきましょう(しっかりお金を落として)。マスコミ報道ではあまりにも煽りすぎてますが。これはあくまで感染者をふやさないよう、医療崩壊を防ぐための対応です。



# by imag0550 | 2021-01-08 10:43 | その他 | Comments(0)

大事なお知らせ

とうとう緊急事態宣言再発令ですね。
正直私も甘く見てました。潜伏期間が長く、ウィルス排泄の解明が十分でないことが対策の遅れになってることは間違いないのですが、もっと早く解明されるかと思ってました。ある程度の今わかってる程度の指標があると対策しやすいような気がするのですが。

我々ができることは、感染しないようにできる限り努力すること。怪しいと思ったときには休んで検査を受けることぐらいでしょうか。もし、スタッフに熱が出るようなことがあれば一時的に休診にしなくてはならないでしょう。その時に検査をしてコロナ陰性となったとき、いつから仕事開始出来るのか。陽性になったときは解熱後もしくは症状がなくなってからどのぐらいまで休診とすべきなのか。んーわかんない。なにか指標がほしいなあとおもいませんか?

さて、愚痴はここまで、本題。当院で10年働いていたスタッフの菅原が今年の2月末で退社することになりました。寿退社?残念ながらそうではないみたいです。昔から憧れのあった北海道に行きたかったのと自分のスキルを上げていきたいという前向きな理由。かなりショックではありましたが前向きな理由故、全力で応援しなくてはならないです。じゃないとカッコ悪いですから。

当院でもコロナ対応でやることが煩雑になったり、やることが増え、待ち時間が長くなったりしています。できる限りアルバイトを増やしたりして対応はしていますが、菅原の穴を埋めるまでには及ばないです。ただ今月末から菅原と入れ違いに辞めた有田が帰ってくることになりました。
大事なお知らせ_d0178999_19582475.jpeg
お腹の子が小学生になるようで、丁度働き口を探していたのでした。当院で5年以上働いていたベテランですからよろしくお願いします。始めは失敗も多いかもですが1ヶ月菅原と重なるのでなんとかなるかなあ。

菅原のコミニュケーション能力の素晴らしさはご存じの通りです。そこが買われて北海道旭川市での就職が決まりました。獣医師17名、90人以上のスタッフがいるような大きい病院です。全力で応援しますよ。

2月末まで菅原は働きますので一言お声かけ頂ければ彼女も喜ぶと思います。有田ももう2週間ほどでカムバックです。新しい風が吹きます。始めは少しドタバタすると思いますが暖かく見守ってくださいませ。

# by imag0550 | 2021-01-07 20:47 | 病院関係 | Comments(0)

らいおんshop開業!!

こんばんは
クリスマスイブに「らいおんshop」を開業しました。まだ当院のホームページにはリンク張ってませんがもう少し反響を見ながら貼っていきます。また新しく、販売する物もアップしていく予定です。前にもお伝えしましたがらいおんマスクは自腹切ってますが、その後販売する物は自腹切らずに純利益を全部寄付します。中国サイトから仕入れてよさげなものを販売していきます。

アマゾンで販売してる商品を中心に売っていきますのでそんなにハズレはないかなと思ってます。なんで?って思われた方は

その中でもこれは良品だなと思った物は、コンビニに並ぶ会社ロゴが入ったお菓子などのプライベートブランド商品みたいなOEM(Original Equipment Manufacturing)商品として販売予定。

なんて今でも色々忙しいのにホントにできるのか、わかんないですがとりあえずサイトは作りましたので
https://lionshop.official.ec

らいおんshop開業!!_d0178999_19491529.png
こんな感じ。パソコンでもスマホでもいけますからね。
いくら経費がかかって売り上げがどのくらいなのかってのをわかるようにしなきゃならないでしょうね。大雑把な私ですので数千円?の誤差が出ることは勘弁してくださいまし。信用をなくすようなことはしませんので。ここをやると病院自体にも大きく響くと思われ。その逆もあることは十分承知の黒らいおんですが。

それとご報告。当院は「paypay」と「line pay」に対応しておりましたが、さらに 「d払い」及び「メルカリペイ」にも対応することにしました。 paypay同様、QRコードを読み込んで支払う形になります。クレジットカード払いには対応しておりませんがキャッスレス化には貢献していこうと思ってます。
らいおんshop開業!!_d0178999_19492244.jpeg

キャッシュレス決済について細かく書いたつまんない当院のブログもあったりします。参考までに


# by imag0550 | 2020-12-26 20:08 | その他 | Comments(0)

昨日女性の患者さんに「ボヤッキー」更新してっていわれ、「え、、タイムボカンの」と私。「え、そっち」。妙に親近感をその患者さんに感じた、らいおんがボヤキを更新させて頂きます。

さてまずはいつも通り、コロナですね。予想以上に死亡者数が増えてしまいました。1ヶ月前は1日で10人前後の死者数だったのに近頃は50人からもうすぐ60人になる勢い。確実に今後も増えることが考えられ、医療機関が大変なことになってます。今後インフル同様来年2月ぐらいまでは増え続けそれから少しずつ減少していく感じになるかなっと思っています。この間ワクチンだけではなく他の治療なんかもしながら、急激に死者数が伸びるようなことはないと予想します(あくまで私見)。ただその間に半ば諦めにも似た感じにはなるのかもですが確実に学習そんなにパニック的にはならないのではないかと想像してます。人は生活して経済活動を続けなくてはならないし、いろんなものが自ら変化して次の経済活動を生み出すのだろうと思うから。ネット革命といったところでしょうか??日本の医療と賢い国民性でさほど増加しないのではと思っていたのですがとんでもないですね。ヨーロッパでは変異株がみられ、また違った対応を迫られそうですし。

この冬のシーズンはコロナとしっかり対峙していかなくてはならないですね。ワクチンは来年の3月かららしいので、なんとかそこまで耐えないとです。今のところワクチンは有効そうですからね。潜伏期間の長いこのウィルスは一体いつの時期からウィルスを排泄してどの時期になったらウィルス排泄がなくなるのか細かく知りたいです。そうしたら対応の仕方もわかりやすいのですが。

新型コロナが潜伏期間中同じようにウィルスを排泄しているのか・・・症状がでる何日ぐらい前から猛烈に排泄するのか。私は全く根拠はないですが後者だと思ってて、これがわかれば大幅に楽な対応となり、経済活動も前に進むのではないかなあと思うのです。

わかりやすい例があります。よく書いてますが狂犬病は発症する2、3日前からウィルスを排泄して7日ぐらいの死ぬときまでウィルスを排泄し続けます。潜伏期間が1〜3ヶ月ありましてその間に咬まれても感染することはありません。それが潜伏期間です。よく犬に噛まれて狂犬病大丈夫っていわれて、我々獣医師が判断しているのは咬傷事故を起こした時、犬がウィルスを排泄していた(犬や人に感染させられる状態)かどうかです。けっしてその犬が狂犬病に感染しているのかどうか診断しているのではありません(今のところ生存中の診断は難しいようで)。咬傷事故があって2週間たってもワンちゃんが元気なら咬傷事故時のウィルス排泄は否定出来ます。文章が長くてわかりづらかったかな??

この冬は新しい情報を得ながら、淡々と感染対策をするしかないですね。私的にはお金って不特定多数の人が触っているため、最もあぶないものだとおもいます。ちょっと肌荒れがきになりますが、しっかりケアしていきましょう!

というわけで、前置きがものすごーく長くなりましたが今日の本題。
今私の家には哺乳類(人間は除きます)は4匹います。供血猫として初めて飼い始めた黒猫つむぎ。普段は非常に温厚で仏のような存在なのですが病院に来ると豹変して採血どころか注射もできないぐらいで全く役に立たない。そこで新しく供血猫として飼い始めた、さびガラのわらび。この子は病院でも温厚で昨日避妊手術したのですが有望な供血猫です(本日はいつも通り元気になってます)。はじめて五体満足な健康体の猫でこんな悪いことをするんだと初めて飼い主さんに寄り添うことができるようになりました。それまでは足が不自由な子しか飼ったことがなかったので。

その後は飼うつもりはなかったのですが、とんでもなく可愛く、4年前親父の誕生日になくなった「あずき」を彷彿とさせる猫に出合い飼うことになった後ろ足を断脚しなくてはならなくなったミルク。美人ではないが可愛い子です。
またまた新しい家族迎えました_d0178999_09122562.jpg
またまた新しい家族迎えました_d0178999_09122566.jpg
これが伝説のあずき様です。前足断脚して、後ろ足は1本骨折していたので初めて手術させて頂きました。しっかり曲がってくっつきました。この子の手術で骨折手術は向いてないことを確信その後骨折の手術はしておりません。

今日しっかりブログるはずの新入り供血犬クルミ。長くなったので詳しいことは次回。とりあえず写真だけ。
またまた新しい家族迎えました_d0178999_08524659.jpg
どや!!!


# by imag0550 | 2020-12-22 09:47 | Comments(0)

こんにちは
今日は娘の大学受験の付き添いでお休みをいただいています。来年ももしかしたら同じようにお休みを頂くかもしれません。ご容赦くださいませ。
さて、年末年始の時間変更なんですが、12月28日(月)及び30日(水)は午前は通常、午後が14時から17時になります。休診日は12月31日〜1月3日になります。ホテルは通常通り行なっておりますが、当院患者さんのみの対応とさせていただきます。

新型コロナの感染は私の想像通り急速に増えてきました。通常のコロナもこの時期増えますからねえ。ただ死者数がここまで増えるとは考えておりませんでした。大阪の方はかなり医療崩壊寸前らしいですし。重症患者さんが増えてしまいました。老人ホームで増えるとますます大変になるんでしょう。最悪トリアージされるかもしれません。ここは少し誤解を生むかもですが今までも普通のコロナやインフルエンザで肺炎を起こして亡くなっているのは例年通りでしょうから。

新型コロナは潜伏期間が長くて重症化しやすく今まで亡くなってなかった層まで亡くなってしまってる状態なんだと思います。問題はどこまでするかでしょう。

医療従事者の皆様及び他老人施設で働きになってるヘルパーの皆様には心から感謝します。私の母は完全に入院になりましたし、父もヘルパーさんに入ってもらっています。声に出してお疲れ様と言っています。本当に感謝です。今年の初めぐらいから始めた習慣がありまして、元々はありがとうと感謝することでこちらに返ってくるという浅ましい考え方がありまして、まず神聖なるトイレをきれいにして頂いている方に感謝の意を示すことにしました。ありがとうと言うのはなんとなく気恥ずかしかったので、お疲れ様ですと声をかけるようにしました。初めは少し気恥ずかしかったですが慣れてくると自然な感じになってきました。いいことが返ってくるという浅ましい考えが消えたぐらいに神様がいいことをくださるのでしょうか?

そうそう、当院でのコロナ対応について書いておきます。スタッフが同居している方が感染者及び濃厚接触者と判断された場合は2週間の自宅待機をしていただきます。また、会社内で感染があって濃厚接触者ではないが自主待機が望ましいと判断した場合は10日程度自宅待機とさせていただきます。ただ誰が感染したかについては明記や報告はこのブログでは書きません。対面では話すことにはなると思いますが。ただそれが私の家族にあった場合はしっかり報告し、休診とさせていただきます。そのときはメール配信やラインや本ブログにてお知らせいたします。その時もおそらく内服やフードについてはスタッフに対応してもらうことになると思います。よろしくお願いします。

これって実は新型コロナの潜伏期間に合わせた対応です。インフルエンザは感染して3日程度で発症、解熱後2日程度でウィルス排泄がなくなることがわかっていて、自宅待機の根拠となっています。ただインフルエンザの場合は新型コロナよりも重症化リスクが小さいので少し曖昧になってるんだと理解しています。今後もっと新型コロナのウィルス排泄が細かくわかれば自宅待機の時間が短くなるんではないかと期待しますし、そうなるでしょう。

そんなこともあって、当院で急なスタッフの自宅待機に備えて、アルバイトを明日からお願いしています。今後不慣れなこともあり、待ち時間が長くなったり、不手際が多くなったりすることも考えられそこはなるべくないよう心がけますのでご容赦願います。今後状況によりアルバイトを増減していこうと考えております。

さてお待ちかね今日のほっこりのコーナー

年末年始の時間変更のお知らせ_d0178999_12220409.jpeg
普段、一緒にお鍋にならないお局つむぎとわらびの組み合わせ!


# by imag0550 | 2020-12-06 12:29 | 病院関係 | Comments(0)

らいおん動物病院らいおん先生