人気ブログランキング | 話題のタグを見る

お騒がせしております。らいおんです。

先日やった抗原検査今頃になって帰ってきました。勿論陰性です。
先々日スタッフCの検査結果も陰性でした。昨日(接触12日目)スタッフA及びスタッフBが抗原検査を行い陰性でした。
今現在全てのスタッフに異常はないのでまず安心して来院してもらっていいと思います。

てか今もう普通通り来てもらってますが。
念のため、私と娘が3日後(接触16日目)に抗原検査をして終了です。

ただこの5日ぐらいでコロナ状況も随分変わってきましたね。すごく感染者は増えてますし、死者数もかなり増加してます。うちの父も大騒ぎしておりますが。ただ、実効再生産数(1人の感染者が平均して何人に感染させるか)は確実に減ってきていますので理論的には必ず減ってきます。じゃないと統計の意味がなくなりますし。

発症者死亡者数ともに増加してますが、発生者数が増えれば、それに伴い死者数は増えてきます。もうすぐ減少局面に入るだろうとらいおん的には思ってます。

かなり医療圧迫しているようなのでそれには気をつけなくてはいけないですね。抗原検査のやり方も随分変わってきました。濃厚接触者の待機期間も10日に変更されたみたいですし。

海外を見渡してみれば韓国は相変わらず感染者多いですね。3回接種している方も多いですし、マスクは日本同様しっかりしているようです。

何故か?? 私の仮説。これは、韓国の感染者増だけではなく日本で極端に感染者が少ないことに関連します。

むかーし、インフルエンザのことで日本語の特徴と他の国の言語との違いを書いたことがあります。口元にティッシュをかざして話してみると日本語はティッシュが殆ど動かないと思います。

韓国を始め、ヨーロッパなど英語圏は発語の時に唾液が飛びそうなぐらいティッシュが動くことが想像出来るかと思います。どんなにマスクをしていてもウィルスが浮遊していたら吸い込むリスクが高くなりますね。

さてさて、明日最終木曜お休みを頂いております。朝から野良猫の手術ばかりをやっていきます。今のところ12件を頂いておりますがどうなることやら。ここまで1日で12件もの手術をやったことがないのでドキドキです。

少しでもこの春に生まれる子猫ちゃんの数を減らせることが、免許を持ってる私の仕事かなとおもってます。まず手術の要領が身についた時には1日20匹の手術を目標に頑張っていきたいと思います。

昨日、娘とドッグカフェにいってきました。なんと愛犬クルミの兄弟と待ち合わせ。たまたま娘がそのドッグカフェのInstagramをみていたときに似ていると保護団体さんに確認したら間違いないことを教えて頂きました。で、マスクをして距離を保ちながら外にて会う流れになりました。


今のらいおんのコロナ情報_d0178999_20400493.jpg
今のらいおんのコロナ情報_d0178999_20562789.jpg
今のらいおんのコロナ情報_d0178999_20525805.jpg
滅茶苦茶似てるでしょ。男の子で20㎏越えでクルミの倍あります。クルミがあんなに小さく見えたのは初めてです。顔やそのシワ、行動などなどよく似ていて感動でした。始めは男の子が怖がっていましたが帰る頃には兄弟と気がついたのでしょうか?仲良く遊んでました。娘がラインを交換していたのでまた会えると思います。楽しみ!!


# by imag0550 | 2022-01-26 21:02 | Comments(0)

PCR検査

こんにちは らいおんです。

本日午後、猫避妊手術をしてからのコロナ感染症の検査2回目。初めての PCR検査を体験してきました。
お恥ずかしながらまた鼻から検査だろうと思っていたのですが初めての唾液でした。
唾液をとってきてと言われてもどうやって唾液出すのか・・とりあえず安易に梅干しイメージして必死で出すしかあるまいな。と思っていたら

PCR検査_d0178999_15171986.jpg
予想外、ホントに写真を貼り付けてました。
それでも目をつむってイメージしながら必死で出しましたが。

結果は3日後郵送で。結果が返る頃には接触10日過ぎになってしまう。PCR検査は確かに少ない検体で検査ができるだろうなあと納得だけど。

唾液にある遺伝子タンパクを増幅させて検査するので少量でいい。でもねー丁度検査する前に時間が30分ほどあったのでラーメン食べたんです。手術終わらせてすぐ行かなきゃと思ったから、食べてなかったのです。時間があったし、唾液ではないと思ってたから。恐らくニュースなんかではPCR検査は唾液だよって報道はされていたかもですが。

唾液ってわかってたら歯磨いてご飯食べないでいったのに。ランチを頼んだから半ラーメンと半チャーシュー丼食べたのです。まだ植物タンパクなら邪魔してもと思うんだけどチャーシュー大丈夫かな??タンパク遺伝子がたくさんあったら検査を邪魔して擬陽性とか偽陰性なんかになったりして。

まあ、恐らく大丈夫だと思いますが。遺伝子を増やしてその中のウィルス遺伝子を探していくという検査だから。でも、他の遺伝子が邪魔しないかな?とドキドキ。

次は15日目に抗原検査です。これはすぐ結果が出ます。

あんまりこうして随時報告すると少し心配なのが陽性になった患者さんが悪そうに見えはしないかということ。

陽性になった人は1ミリも悪くないって事、誰でもいつ感染してもおかしくないし、無症状感染の方が半分ぐらいいらっしゃることを考えればやむを得ないし、発症2日前からウィルス排泄することを考えれば来院時には全く症状がないことは考えられます。

つまり、熱を測ることは一つの指標に過ぎないです。人によってなんか違和感だったり、下痢してしんどいなーだったりです。なので感染予防が大事なのですね。

医療圧迫させないことが何より大事で急激な発症者の上昇が怖いのです。

私がいつも参考にさせて頂いている「東洋経済さんの新型コロナウイルス 国内感染の状況」で実効再生産数(1人の感染者が平均して何人に感染させるか)が1/10の5.8ぐらいをピークに昨日一昨日ぐらいぐらいには2.5ぐらい昨日は0.数ポイント上がっている。オミクロン株は世界でも流行期は長くないのでもう一度急激に上がることはないのではないかなあというらいおんの視点。ただ2.5が確実に1を下回らない限り患者さんが減っていくことはないです。ただ感染急拡大の山は越えてます。さらに治療薬、ワクチン、国民の意識でいずれそのまま1を下回ると思います。論理的に急拡大はなくなったと断言出来るということ。闇雲に怖がらせるニュースは偏向してると憤りさえ感じます。

今大騒ぎしてますが大事なのは出口です。コロナウィルス感染症はつきあっていくしかないのでヨーロッパがやってるようにワクチン接種証明書かワクチンを打てない人はイベント会場にて抗原検査をすればイベント参加出来るという感じにして付き合っていくんだろうなあとらいおん視点。

一番いいのはみんなが抗原検査して陰性を確認してイベントですが。全員検査するのは現実的ではないのでワクチン証明書か抗原検査の2本立てでしょうか。抗原検査陰性が感染してないということではなく、その時点でのウィルス排泄の否定であることは頭に置いておいてもいいかな・・・

今日も長くブログしすぎました。さて、仕事にもどろ

# by imag0550 | 2022-01-20 17:03 | 病院関係 | Comments(0)

私抗原検査

こんにちは らいおんです。
お騒がせしております。

本日抗原検査をしてまいりました。
スタッフBは違うところで抗原検査陰性、私と娘は抗原検査で陰性
私は明後日も違うところで抗原検査の予定。

私抗原検査_d0178999_15411369.jpg
とりあえずスタッフCを除いては陰性です。スタッフCは明後日検査予定です。
濃厚接触5日目の抗原検査で5人中4人は陰性でした。

ただ、本来濃厚接触者の待機期間は10日なのでスタッフは10日目に再検査を受けます。私は少しずらせて15日目ぐらいの予定です。

でもとりあえず少し安心しました。コロナ感染自体は怖くもないのですが、今の世の中の空気が怖いです。
まだまだ気を引き締めなくては。


# by imag0550 | 2022-01-18 16:57 | Comments(0)

こんにちは らいおんです
皆様には大変ご心配をおかけしております。

当院ではアルバイトを含め4名のスタッフがいます。今後当院の抗原検査結果を随時アップしてゆきます。
陽性の方が来られたのが1/13です。
便宜上、スタッフAからDとします。スタッフDは1/13の時には当院にはいなく、たまたま患者様から連絡をいただいた1/14午前中はいなく、午後から来る予定でしたが、来ないように指示しました。ご家族に免疫不全の方がいるので10日間は来院しないように指示しました。

まずは先ほどスタッフA陰性でした。明日(接触5日目)、私、娘、スタッフBが検査をします。明日明後日にはこのブログにてアップしますね。

今後の検査ですが木曜午後(7日目)に私はもう一度検査をして、あとは2週間後にスタッフみんなに検査してもらって陰性であれば安心して頂けるのかなと思ってます。

潜伏期間が2週間とはいわれてますが、平均は5.6日なので木曜午後(7日目)の私の結果である程度安心材料になると思います。ここが大きな山でしょうか。

今のところ接触者5名は特に症状はないのですが無症状感染のことを考えると気を緩めるわけにはいきません。5割近くの方が無症状感染だそうです。どこまでこういうことを続けるべきなのか、正直よくわからなくなります。

世界的にもまだまだコロナを注視しながら動いているようなのでそこに合わすしかないのでしょう。なかなか先が見えないですね。外食産業の方は大変です。しっかり、テイクアウトなどでお金を落とさねば。私も大事なお店がネット販売をされたりしていたのでみんなに配りましたよ。

当院は大丈夫です。今まで殆どコロナの影響を受けておりませんでしたから。ただこれから確実にコロナは増加していきますので、感染した方を責めるようなことはないよう切に望みます。いつでも誰でもこれからは感染していきます。どこかのタイミングで出口を見つけていかないとみんなが疲弊していきそうですね。

去年8月には2万5千人もの陽性者数が出ましたが、今すでにその2万5千人を昨日超えたところ、今日も大きく増えるでしょう。ただ去年の8月は死亡者数も50名前後を推移してましたが今は10人ぐらいこれから風邪シーズンですから増えていきますが緩やかに増える分には医療圧迫もすくないのではと期待します。この1ヶ月ぐらいが大きい山になりそうです。
私が参考にしてるサイトはここです。さかのぼって感染者数や死亡者数をみられるので参考になります。

まだまだ、寒い日が続きそうです。頑張りましょう!

さーて、最近は食糞がなくなってきてたのですが・・・1/13のリビングの風景
当院スタッフの抗原検査結果について_d0178999_19433196.jpeg
残念です。臭かった!!





# by imag0550 | 2022-01-17 19:48 | 病院関係 | Comments(0)

コロナ感染症について

こんにちは らいおんです。

凄い勢いで増えてきましたね。思ったより増えないなとは思ってたのですが、増え始めたらやはり増えますね。

想定していたことですが、当院でも来院された患者さんで陽性と判明しました。報告して頂いてホントによかったと思います。それなりの対応ができますからね。

只今の空気だとやはり、医療従事者の方、訪問介護で働いてらっしゃる方、ご自宅に免疫力低下のある方がいらっしゃる方などはやはり怖く感じられるのはしょうがないですね。

万が一があった場合、職場に迷惑をかけてしまいますし。

故にもし感染者となった場合は、まずは移動していったところには正直にお伝えするのがマナーでしょうね。当院の患者さんはとても意識の高い方なんですね。有り難いです。

今どこの施設でも三密など消毒の徹底をやることは当たり前です。ただ感染者と関わった場合の明確な対応はオープンにされてないことが多いと思います。ホントはそこが大事だと思ってるのですが。その記事はこちら

ここで感染された患者様が来られた場合の対応は明記してなかったです。正直余りそこを考えておりませんでした。とりあえず、ホームページと待合にはお知らせするようにしたのですが。ラインについてはこのブログを書き上げてからの投稿をしようと考えてます。

ただ意外とこのブログって書き込むと時間がかかるのでもう午後の診察時間にかぶってしまいそうです。夜には報告を必ずするのですが。

正直、もっと前からこういう感じになると思ってましたが意外と遅かったです。ある程度の感染者がないとなかなか急拡大はしないものだなと思った次第。インフルエンザと一緒である程度増えるとお子ちゃまからとか感染が広がることはしょうがないですね。厄介なのは季節に関係なく感染者がふえること。もともと風邪のウィスルですからね。

一応インフルエンザとコロナウィルスを比較したものを添付します。

ここからは興味のない方は読み飛ばしてください。すこしマニアックになるかもしれません。

医学的になりますが「感染すること」と「症状が出ること(発症者)」は違います。

インフルエンザもコロナウィルス感染症もそのへんに浮遊していれば感染はします。そこでその後、免疫力がしっかりしている人は症状があらわれることはありません。免疫が負けてウィルスが身体の中で増えることで悪さをして症状として出ます。これを発症といいます。

コロナ感染症について_d0178999_18140416.jpg

     厚生労働省からの新型コロナウィルス診療の手引き第4.2 からいただきまいした。

     2021年2月15日の情報を元に作成されたものです。こちら 

インフルエンザの潜伏期間は1-2日、コロナは1-14日この潜伏期間が非常に厄介です。ただ平均は5.6日ここは頭に入れておくといいと思います。濃厚接触待機期間が先日10日間に短縮されましたが、それはこのへんの情報がアップデートされてウィルスの動きが解明されてきたのもあると思います。


この中で一番気になるのは無症状感染でインフルエンザは無症状が10%ぐらいでかつウィルス量は少ないが、コロナは数%から60%でウィルス量が多く感染力が強いって強烈ですよね。インフルエンザの無症状ならウィルス量がすくないのはいいですよね。潜伏期間が短く1-2日なので4日たって無症状なら3日ぐらい前のイベントで感染したことは否定出来る。


以前インフルエンザ情報のアップデートとしてブログでアップしてます。


下の方のワクチンや治療方法についてはこの表は2020年の8月3日作成で一昨年の情報ですから無視です。


さて、当院の対応としてこの1週間は特に気を使いながら対応していきます。

・誰かが体調が悪いとか異変があった場合はすぐ病院を休診にしてPCR検査をします。


・基本少しドアを開けたままで診察をしていきますので暖かい服装で来院ください。勿論、暖房はマックスです。

 エキゾチックなど小さい動物が来た場合は臨機応変にドアを閉めます。


・スタッフのマスクを不織布にします。


・1時間毎の消毒を30分ごとに短縮します。


・なるべく短めの診察を心がけます。できる限り。ここは余り自信ありませんが


・飼い主さんの要望にできる限り対応し、内服対応や外の車でのお会計とかも対応していきます。


ワクチンなどの予防関係は2週間ぐらいできる限りずらして頂ければ幸いです。去年骨折入院で2週間強お休みを頂いたのですが再び休診となればご迷惑のダブルなのですが、ここはお許しください。


当院のスタッフのお家族さんに免疫不全の方がいらっしゃるのでその子は10日間の自宅待機をお願いしました。よってスタッフが少なくなることで少し混むようなことも考えられますので時間に余裕を持って来院してください。


幸いホームページ、ブログ、Instagramにて今朝にアップしたところ、飼い主さんの来院がかなり減りました。


当院のホームページは1日に100件ぐらいの方が見に来てくださってます。月3000人以上ですよl。凄いですよね。

おかげで飼い主さんに今回の事件を早期に伝えるようなことがスムーズにできたきがします。


さて、この1週間は頑張りますよ!!




# by imag0550 | 2022-01-15 19:57 | 病院関係 | Comments(0)

らいおん動物病院らいおん先生