アイマグブログ― らいおん動物病院 らいおん先生

imag055.exblog.jp ブログトップ

これから

出発です
[PR]
# by imag0550 | 2010-08-30 08:05 | Comments(0)

おはようございます

案のじょう 少し二日酔いのスタートです 今日は移動日 富士山見えたらアップしますね
[PR]
# by imag0550 | 2010-08-29 06:31 | Comments(1)

晴れ晴れ晴れ

まだまだ暑いですがセミの声がなんとなく寂しげに夏の終わりをつげているようにも感じます。うちのシャンプー(パンサーカメレオン)のため自給自足をしておりましたが、ホントにセミにいる時期は短いですね。今日最後のセミを取り逃し、これで最後かナーなんて思いました。セミ取りはセンスがないのかなかなか上手になりません。昨日、娘と面河博物館で虫をテーマにした催し物があったのですが、面河石鎚の多様性に感動したとともにホントはこの近辺にも多様な生き物がいるんだろうと思い起しました。まだまだ東温市は山里に恵まれ、多様性の宝庫です。とかいいながらセミを捕ってエサにしている一般の方々には受け入れがたい行為をしているわけで。当たり前ですが食べる分だけ、1日1セミだけですからね!!そんなの関係ないよ・・・・いわれますよね。ペットのエサはやはり自家繁殖された市販のものを飼養するのがいいのかなー。いろんな種類の虫を食べさせた方がいい気もして。実際喜んでいるように見えますし。市販されているコウロギと実際の畑にいるコウロギ同じ種ですがやはり違いますね。養殖の鯛みたいな養殖ウナギみたいなものでしょうか。名古屋のひつまぶし美味しかったけど養殖だろうな。
話がどんどんずれていくのですが、今月末29日から富士登山に行くので病院お休みさせていただきます。大変ご迷惑をおかけします。最近の晴れがあまりに多いので去年のようにならないのかと晴れ男返上男が心配しております。富士山行けたらバンバン写真送るつもりです。体力があれば・・・・
[PR]
# by imag0550 | 2010-08-25 16:10 | Comments(2)

ザ・コーヴ

今日、シネマルナティックにて鑑賞しました。詳しくは、http://movie.geocities.jp/cine_luna/
そうそう、「ザ・コーヴ」は和歌山県太地町のイルカ猟をいわば隠し撮りして捕鯨を批判したドキュメンタリー映画です。イルカ猟の実態を見る上ではなるほどなあと思うところもありました。内容にはふれないように感想をいうと、
・確かにイルカは可愛らしく知能も高いのかもしれないが牛豚鶏の屠殺場も同じだよなあと思う。海獣ほ乳類を屠殺するときはどうしても海ですることになりますし。見た目はむごいことに見えるかもしれないが、牛の屠殺も頭にバキューンです。結局嫌な仕事は解体業者にお任せで我々はパック詰めになったものしか見えない。鶏卵、牛乳もいろいろあります。農家の方々の苦労ってなかなかわからないですよね。ホアグラは不自然なのはご存じでしょうが、サシの入った牛肉だってある意味不自然ですよね。乳脂肪の高い牛乳も。
・イルカの体内(肉なのか肝臓などの臓器なのかは明記がなかったが)に含まれる水銀について批判されていたがそれと、日本の水俣病を持ち出し同列で議論してたのは???いかがと思う。ごめんなさい。少し内容に踏み込み過ぎか・・・正直、私もいろいろ食について考え、添加物等を控えるなんて考えていたらクジラの肉は食べられないのですが。太地町にいったら是非おもいっきり食べたいです。まあ、毎日食べるものではないですからね。
・IWC(国際捕鯨委員会)とのやりとりはまさに国益のバトルでこれが政治かと考えさせられました。まあある程度はニュースになってたことではありますが。
てなところです。
少し悲惨なシーンを煽り、偏った映画ではありますが日本で現実このようにされているのかと思うと考えさせられますね。それでも捕鯨については肯定論者ですが。なんで今日見に行ったのか!!だって当院休診日はそこ休館日なんです。ほんで今日知ったのですがなんと月曜日は「マンデー」で、千円で鑑賞できたんです。700円も安いんです。いろんな業界でレディースデーがあるなかマンデーもあるのかとダジャレもきついし、寒いようなうれしいようなでした。そこの映画館は少しマニアックですが、貴重な映画館だと思いました。また見たい映画ができました。さすがに診察休んでまではいきませんよ。たぶん。
[PR]
# by imag0550 | 2010-08-23 17:50 | Comments(0)

驚きの新商品!

暑さ寒さも彼岸までとはいいますがあれは嘘だったんですかね。暑いの大好き人間としては全然問題ないんですが、彼岸花が咲くのを恐れおののいております。
ところで、ワンちゃん、猫ちゃんの歯のケアって大変ですよね。関東ではペットのオーラルケアが流行っているみたいで、驚きの商品が出ています。朝晩スプレーするだけで少々の歯石なら溶けてきれいになるみたいです。いままで付いてしまった歯石は麻酔処置にて歯石除去をしないといけないと伝えてきましたが、当院でも犬と猫とフェレットにやってみようと思っています。さすがにガチガチに付いたやつはダメでしょうが少々なら1ヶ月程度できれいになってます。メーカー曰わく1994年から獣医師によって使われていますが副作用の報告はないんですって。かなり疑いの目で見てしまいますが、成分は精製水、エタノールとバラ科とシソ科のエキスだそうでまあ副作用はないかでも効くんかいなって感じですが。値段がこれ問題で1本が9980円(消費税込み)です。一応1本で約4ヶ月分もつのだそうです。歯磨きジェルを定期的に買っていただいている飼い主さんには試してみる価値があるのではと思っています。歯磨きジェルやガムでも少しはつきますからね。で、全身麻酔で歯石を取らないでいいとなるとね。病院的には商売あがったりか・・・いえいえ、室内飼育で口臭のない犬猫最高ですよね。興味のある方は当院までご来院ください。写真添付しますね。
d0178999_19263927.jpg

[PR]
# by imag0550 | 2010-08-20 19:33 | Comments(0)

九月臨時休診日のお知らせ

9月2日(木)〜3日(金)、5日(日)、12日(日)は学会参加により休診とさせていただきます。よって9月休診日は2日、3日、5日、12日、20日(祝日)、23日(祝日)及び火曜日になります。大変お休みが多くご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
[PR]
# by imag0550 | 2010-08-19 15:48 | Comments(0)

やっちゃいました

家に帰ってお酒を飲んでテレビを見ながら3時間のお昼寝微妙です。一度はこのまま寝ることも試みましたが基本清潔クライマー寝られませんでした。今からお風呂はいって寝るのはいつになるのでしょうか??9月の徳島の症例発表スライドの原稿締め切りが近くなってますのでそれでもやりますか。動画は本日午後いちから山登りしてきたものです。登りはじめが唐岬の滝(カラカイノタキ)登山口13時23分でしたからあまり無理も出来ずといったところで私の一番好きなところまで登って景色を撮ってきました。あそこから頂上まで登って降りるのに距離にして2キロ(高低差150メートル)ありますから45分は戻るのにかかるんですよね。下山が5時を過ぎそうだったんで断念しました。秋口とか冬になると特に空気が澄んでるのと誰も登ってない孤独感とで何とも言えない空気に包まれてます。あそこも東温市なんですよ。今回もネズミの巣やイタチの糞がたくさんありました。少し勾配がありますが時間的に短いので少し登った経験がある方なら楽に行けると思いますよ。

[PR]
# by imag0550 | 2010-08-15 22:51 | Comments(5)

富士山トレーニング

d0178999_1536182.jpg

本当は上までいきたかったけど下りるのが5時をすぎそうだから今からおります こんな上にいても病院から電話がきて仕事ができちゃいます ありがたいのか微妙です
[PR]
# by imag0550 | 2010-08-15 15:36 | Comments(0)

お盆休みについて

当院はお盆休みはありません。ホテルはお盆中もやっておりますがお盆中は満席になってしまってます。18日以降ならまだ空いております。部屋数にはかぎりがありますのでお早めに御予約ください。お盆休みの代わりに月末にお休み(29日〜31日)をいただいていますが、それにくわえ9月2、3日も休みにしようかと検討中です。はっきり決まり次第また連絡します。9月の前半はお休みが多くなりそうです。ご迷惑をおかけします。
[PR]
# by imag0550 | 2010-08-14 22:20 | Comments(0)

カプノサイトファーガー感染症について

今週火曜日のテレビ番組で取り上げられましたが、正直はじめて聞いた感染症でした。おそらく医療関係者、獣医師の中でもほとんど知られていないものだと思います。私自身、どのように飼い主さんに説明すべきか迷うところです。もう少し関係者内で議論をしたのちに報道する余裕があってよかったんではないかというのが正直な印象です。テレビではさほど極端な報道ではなく、斉藤先生のしつけコーナーなんかで面白くまとめてもらったのはよかったと思います。私も開業前か勤務医時代に斉藤先生の本でしつけのことを勉強したくちでした。
話をもどすとこの感染症の問題点は、
・医師、獣医師(私も含む)の認知度が低く、わからないが故の混乱が生ずる懸念
・犬猫の常在菌でありながらかつ長い飼養の歴史の中でさほど発生のない点
・発症はまれであるが重症化した場合の死亡率は高く、それは免疫低下を起こされてない方でも起こ りうる点
・通常の細菌の場合、5日以内の血液培養で菌検出が出来るものが多いがこの菌はそうではなく、見 逃されていた可能性がある点
とまあ、わからないことが多いがテレビでいわれているとおり、通常の共通感染症の予防と同様に適度な接触、手洗いの励行で多くは防ぐことが出来るようです。近々獣医師の学会でも紹介され、いろんなことが議論されるのではないかと思います。ここでも昔、「感染」と「発症」は違うよって話はしましたが、このカプノサイトファーガーについては常日頃皆さんは感染を受けていると思われます。ただ、免疫がしっかりしているのかそれともそのはいってきた菌量が少なかったので大丈夫だったのかそれとも発症はしたものの自然治癒したのかだと思われます。世界でもまだ200症例ほどしか患者報告(この統計は確定診断がついたものであるので実際は氷山の一角でしょう)がないのでさほど恐れることはないのではと思ってるのですが、重症化した場合の致死率が高いのはらいおんも気になるところです。いずれにせよ、今後の研究に期待するしかないようです。何かわかったら報告しますね。
[PR]
# by imag0550 | 2010-08-14 17:51 | Comments(0)
line

らいおん動物病院らいおん先生

愛媛県生まれ愛媛育ち、大学は北海道の酪農学園大学(有名人は、田中義剛ぐらいか)愛媛県で公務員を2年、大阪・高知で勤務医を2年ずつさせて頂いて開業にいたりました。好きな事は、お酒(最近よくおぼれます)・登山・パソコンいじり・旅行(最近いけてないけど)


by imag0550
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31